ロングエスからショートエスへ-ECCOで文字表記の変遷を追跡する

Print Friendly

ロングエスからショートエスへ-ECCOで文字表記の変遷を追跡するへのリンク

「英国詩人伝」は、52人の詩人の評伝と批評をまとめたサミュエル・ジョンソン晩年の大作です。ところで、ジョンソンが『英国詩人伝』を著すに至った背景には、当時の出版社の競争といった事情がありました。

18世紀後半、それまで出版社に多大な利益を与えていた永続的な著作権が裁判によって退けられると、著作権の保護期間を過ぎた書籍の復刊がブームとなります。その中で、ジョン・ベル(John Bell)という商才に長けたエジンバラの出版人が、廉価版の出版企画を次々に放ち、「ベルズ・エディション」と呼ばれるほど好評を博します。

「ベルズ・エディション」として詩人全集の刊行を始めると、ロンドンの伝統的な出版者たちが、これに対抗して詩人全集を刊行することを目論み、単なる詩のアンソロジーではなく、詩人の評伝を加えて付加価値を出そうと、文壇の大御所ジョンソンに執筆を依頼したというわけです。その後、評伝だけを独立して刊行されたのが『英国詩人伝』です。

ところで、『英国詩人伝』誕生のきっかけを与えたジョン・ベルは、廉価版の刊行以外では、アルファベット表記の歴史に名を残しています。18世紀には、小文字のエスはロングエス(long s)という小文字のエフに似た表記を取っていましたが、ベルはロングエスの使用を止め、現在使われている小文字のエス(ショートエス)の表記を採用し、新しい表記法への道を拓きました。

ECCOに搭載されている文献を丹念に調べることによって、アルファベット表記の変遷を追跡することができます。

ecco-story-00001

ecco-story-00002
1781年刊行のベルズ・エディションの『ライオネルとクラリッサ』では、”such”がロングエスで表記されている
1788年刊行のベルズ・エディションの『シェイクスピア全集』では、”such”がショートエスで表記されている

 

 

短縮URLを共有する:

*短縮URL[たんしゅくユーアールエル]

とは、長い文字列のURLを短くしたものである。リダイレクトを利用して本来の長いURLに接続する。 例えば、 http://ja.wikipedia.org/wiki/短縮URL のページは、Google URL Shortenerを利用した場合、 http://goo.gl/OCZXl と短縮できる。また「p.tl」ならば、さらに短縮され http://p.tl/aIAn となる。

*Wikipedia