文献蒐集に生涯を賭けたフォックスウェル①

Print Friendly

文献蒐集に生涯を賭けたフォックスウェル①へのリンク
ハーバート・フォックスウェルという人物がいます。ケンブリッジ大学、ユニヴァーシティ・カレッジ、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで教鞭を取った経済学者です。生まれは1849年。経済学に革新をもたらしたジェボンズ(1835年生まれ)やマーシャル(1842年生まれ)より10歳前後若く、20世紀を代表する経済学者ケインズ(1883年生まれ)より二回り年上です。エコノミック・ジャーナル誌の創刊やイギリス経済学会(後の王立経済学会)の創設に関わり、1929年から1931年まで学会の会長を務めたイギリス経済学界の重鎮でした。(フォックスウェルの2つ違いの弟エドワードは、東京帝国大学の経済学教授として教鞭を取ったお雇い外国人です)

フォックスウェルは経済学の研究ではほとんど業績を残していないようです。その代りに生涯を賭けたのは、経済学文献の蒐集です。フォックスウェルがなぜ経済学文献の蒐集を思い立ったのか、詳しいことは分かりませんが、親友で文献に詳しいジェボンズとの交流の中から、文献蒐集への興味が芽生えてきたようです。経済学の文献を蒐集しようと決意し、一冊目を購入したのが1875年、フォックスウェル26歳の時です。以来、講義の合間や休日にケンブリッジの古書店に足を運び、自分のポケットマネーで文献を購入する生活が始まります。

25年ほど経過し、約3万点の個人コレクションが形成された頃、フォックスウェルはコレクションを販売することを決意します。これに真っ先に反応したのはアメリカ人だったようです。新興工業国としての経済力をバックに、アメリカ人は当時、古書市場で大きな存在感を持っていたようです。また、大学の蔵書が充分でなかったため、先進国イギリスから良書を輸入したいというニーズもあったと思われます。この辺りの事情は、経済力を背景に大量の洋書を輸入した20世紀後半の日本の姿と重なります。

短縮URLを共有する:

*短縮URL[たんしゅくユーアールエル]

とは、長い文字列のURLを短くしたものである。リダイレクトを利用して本来の長いURLに接続する。 例えば、 http://ja.wikipedia.org/wiki/短縮URL のページは、Google URL Shortenerを利用した場合、 http://goo.gl/OCZXl と短縮できる。また「p.tl」ならば、さらに短縮され http://p.tl/aIAn となる。

*Wikipedia