Children’s Literature and Childhood

childrens-literature-childhood

19世紀イギリスでは、救貧法、工場法、公衆衛生などの領域で20世紀の福祉国家による社会政策を先取りするように、国家による政策的介入が実施されましたが、教育の領域でも改革が進められました。社会の多数を占める下層階級の教育は、19世紀以前は主として宗教団体による慈善活動として提供され、宗教団体の運営する学校ではキリスト教の道徳を教えることを教育の中心に据えつつ読み書き算術を教えるという、道徳・宗教教育の性格を帯びていました。しかし、労働者階級の政治参加への要求が高まるのを受け、1867年の第二次選挙法改正において都市労働者階級に選挙権が拡大すると、これまで民間の領域に委ねていた彼らの教育を国家が主体的に行なう必要が認識されるようになり、初等教育の義務化を骨子とする初等教育法が1870年に成立しました。また、都市化と工業化により貧富の格差が拡大する中で、救貧児童や浮浪児などを対象とする教育施設への公的な助成も、初等教育の義務化に先行する形で実施されました。さらに、19世紀末には障害を抱えた児童に対する初等教育を義務化する法制度も整備されます。児童教育の担い手が民間領域から公的領域へ移行した19世紀イギリスは、現代の公教育をめぐる問題を学問的に検討する上で原点として位置づけることができます。本アーカイブは、19世紀における教育への国家による政策的介入に関する様々な事例のなかから、上流階級やミドルクラスではなく、労働者階級を中心とする下層階級(民衆)の児童や救貧児童、孤児、障害児童、移民児童など社会的弱者の教育に関する書籍や行政資料を収録します。

19世紀の欧米では読み書き能力が大きく向上しました。労働時間が短縮し新たに余暇を手に入れた人々は、貪るように新聞、雑誌、小説を読みました。初等教育が義務化され、貧困家庭や地方の家庭の子どもにも教育の機会が提供されるようになると、児童向け出版物の市場が飛躍的に拡大し、学校教育で使われる教科書の他にも、童話、民話、戯曲、詩、小説、トイブックなど子どもの想像力を養い、読んで面白い出版物が大量に刊行されました。本アーカイブは、児童書の世界的コレクションとして著名なフロリダ大学ボールドウィン図書館、彩色図版の多用で一世を風靡したマクローリン兄弟社の児童書を多数収録するアメリカ稀覯書協会、ブリティッシュライブラリーの児童書コレクションから精選された児童書を収録することで、19世紀の児童書の世界を今に甦らせます。

収録資料

■The History of Education(教育の歴史)

  • 年代:1800年~1920年
  • 言語:英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語ほか
  •  原本所蔵機関:英国公文書館:コロンビア大学教育学部ミルバンク記念図書館、ハーバード大学ワイドナー・アンド・ガットマン図書館

コロンビア大学教育学部ミルバンク記念図書館とハーバード大学ワイドナー・アンド・ガットマン図書館が所蔵する15世紀から20世紀までの教育学の古典(タイトル数約12,000タイトル)を収録する「教育の歴史」コレクションは、これまでマイクロフィッシュ版で提供されてきました。マイクロフィッシュ版は全26ユニットで構成されていますが、この他に主題別の精選コレクションとしても提供されています。本アーカイブは、このうち「教育と社会問題」「障害者教育」「心理学」の三つの精選コレクションを収録します。18世紀半ばから20世紀前半までを広く19世紀と見なすNCCOの収録方針の下、19世紀の著作以外にも18世紀や20世紀の著作も収録されています。

* 教育と社会問題(Education and Social Issues)

貧困層の教育、教育と禁酒運動、マイノリティと移民の教育、女子教育、地方農村の教育、教育と犯罪、教育心理学、家庭教育のような広範囲の主題に関する著作約400タイトルを収録します。

収録文献例

  • フリードリヒ・フリケ(Friedrich Fricke)-Allgemeine Methodik des Öffentlichen Unterrichtes in Bürger-Und Landschulen (1803)
  • パトリック・コルクホーン(Patrick Colquhoun)-『労働者階級のための新しく妥当な教育システム(A New and Appropriate System of Education for the Labouring People)』(1806)
  • アンドリュー・ベル(Andrew Bell)-『教育の実験の分析(An Analysis of the Experiment in Education)』(1807)
  • ジョン・ランカスター(John Lancaster)-『教育の改善(Improvements in Education)』(1807)
  • ランカスター、ベル-『パリにおける教育の著しい達成に関する説明(An Account of a Remarkable Establishment of Education at Paris)』(1809)
  • デウィット・クリントン(Dewitt Clinton)-An Address to the Benefactors and Friends of the Free School Society of New-York (1810)
  • ゴドフリー・フォーセット(Godfrey Faussett)-『国教会の原理に基づく貧者の教育の必要性に関する説教(A Sermon on the Necessity of Educating the Poor in the Principles of the Established Church)』(1811)
  • トマス・バーナード(Thomas Bernard)-『バリントン学校(The Barrington School)』(1812)
  • 『ニューヨーク市女性協会年次報告(Annual Report of the Female Association in the City of New York)』(1815)
  • ジョン・フォスター(John Foster)-『』An Essay on the Evils of Popular Ignorance (1821)
  • サミュエル・ウィルダースピン(Samuel Wilderspin)-『貧困家庭の幼児の教育の重要性(On the Importance of Educating the Infant Children of the Poor)』(1824)
  • フランセス・ライト(Frances Wright)-『現存する悪とその矯正に関する講義(A Lecture on Existing Evils and Their Remedy)』(1829)
  • ヨハン・ガスパー・シュプルツハイム(Johann Gaspar Spurzheim)-『人間の本性の研究に基づく教育の基本原則(A View of the Elementary Principles of Education, Founded on the Study of the Nature of Man)』(1833)
  • タウンゼント・スティス(Townshend Stith)-『女性教育に関する考察(Thoughts on Female Education)』(1831)
  • アルベルティン・ネッケル・ド・ソシュール(Albertine Necker de Saussure)-『進歩教育(L’Éducation Progressive)(1836)
  • 『イングランドとウェールズにおける貧困階級の教育に関する特別委員会報告(Report from the Select Committee on Education of the Poorer Classes in England and Wales)』(1838)
  • サミュエル・グリスウォルド・グッドリッチ(Samuel Griswold Goodrich)-『炉辺の教育(Fireside Education)』(1839)
  • ジャック・ブーシェ・ド・ペルテ(Jacques Boucher de Perthes)-『貧困層の教育(De l’Éducation du Pauvre)』(1842)
  • 第7代シャフツベリ伯アントニー・アシュリー=クーパー(Anthony Ashley-Cooper Shaftesbury)-『労働者階級の道徳・宗教教育(Moral and Religious Education of the Working Classes)』(1843)

* Education of the Handicapped(障害者教育)

障害児の処遇は時代と地域が異なれば大きく異なります。障害を抱えた子どもたちは長く、教育機会を得るのに大きな困難に直面してきましたが、その一方で障害児教育に積極的に関わってきた個人、教育者、団体も存在します。本コレクションは、視覚障害、聴覚障害など様々な障害を抱えた児童に関する文献約170タイトルを収録します。

収録文献例

  • 『聾唖児童の教育のための機関の報告(Report of the Institution for the Education of Deaf & Dumb Children)』(1818)
  • トーマス・ホプキンズ・ギャローデット(Thomas Hopkins Gallaudet)-『聾唖者に教育を行なう義務と便益に関する説教(A Sermon, on the Duty and Advantages of Affording Instruction to the Deaf and Dumb)』(1824)
  • 『グラスゴー盲学校における教育、雇用、校内処遇に関する声明(Statements of the Education, Employment, and Internal Arrangements, Adopted at the Asylum for the Blind, Glasgow)』(1836)
  • ダニエル・ゴットリープ・モーリッツ・シュレーバー(Daniel Gottlieb Moritz Schreber)-『正常な身体育成の促進を通じての美の教育(Erziehung zur Schönheit Durch Naturgetreue und Gleichmässige Förderung Normaler Körperbildung)』(1858)
  • ホーレス・マン(Horace Mann)-『アンチオーク大学における12の説教(Twelve Sermons: Delivered at Antioch College)』(1861)
  • ハーヴェイ・バッカス・ウィルバー(Hervey Backus Wilbur)-『初等教育の原理と方法に関する提言(Some Suggestions on the Principles and Methods of Elementary Instruction)』(1862)
  • トマス・アーノルド(Thomas Arnold)-『聾唖教育:フランスとドイツのシステムの解説と評価(The Education of the Deaf and Dumb: An Exposition and a Review of the French and German Systems)』(1872)
  • アレクサンダー・グラハム・ベル(Alexander Graham Bell)-『吃音等発声障害の矯正のための発声生理学の確立(Establishment for the Study of Vocal Physiology, for the Correction of Stammering, and Other Defects of Utterance)』(1872)
  • エドワード・セガン(Edward Seguin)-『教育の報告(Report on Education)』(1880)
  • トマス・ローズ・アーミテージ(Thomas Rhodes Armitage)-『盲人の教育と雇用(The Education and Employment of the Blind: What It Has Been, is, and Ought to Be)』(1886)

* Psychology(心理学)

19世紀から20世紀にかけての世紀転換期に欧米諸国では心理学への関心と知識が飛躍的に高まり、心理学の研究と文献が教育の分野に多大な影響を及ぼしました。本コレクションは英語の著作の他、19世紀のドイツ人の教育心理学への貢献を物語る100タイトル近いドイツ語の著作を含む、合計約300タイトルの著作を収録します。

収録文献例

• ヨハン・フリードリヒ・ヘルバルト(Johann Friedrich Herbart)-『ペスタロッチの観念: 直観のABC(Pestalozzi’s Idee Eines ABC der Anschauung)』(1802)
• エリザベス・ハミルトン(Elizabeth Hamilton)-『教育の基本原理に関する書簡(Letters on the Elementary Principles of Education)』(1803)
• エイモス・イートン(Amos Eaton)-『公立学校の改善のための教育システムの提案(A System of Education Proposed for the Improvement of Common Schools)』(1829)
• ウィリアム・ヘンリー・べインブリッジ(William Henry Bainbrigge)-『早期教育(Early Education)』(1854)
• ジェイムズ・カリー(James Currie)-『早期・幼児学校教育の原理と実践(The Principles and Practice of Early and Infant School-Education)』(1865)
• フリードリヒ・エドゥアルト・べネケ(Friedrich Eduard Beneke)-『教育と教授の理論(Erziehungs-Und Unterrichtslehre)』(1876)
• ルートヴィッヒ・シュトルンペル(Lutwig Strümpell)-『心理教育学(Psychologische Pädagogik)』(1880)
• ジェイムズ・サリー(James Sully)-『心理学綱要と教育技法への応用(Elements of Psychology, with Special Applications to the Art of Teaching)』(1886)
• ベルンハルト・マース(Bernhard Maass)-『心理学の学校への応用(Die Psychologie in Ihrer Anwendung auf die Schulpraxis)』(1887)
• アレクサンダー・べイン(Alexander Bain)-『科学としての教育(Education as a Science)』(1887)

■Childhood in the Nineteenth Century: Records from the Home Office(19世紀における児童期:英国内務省記録)

  • 年代:1870年代~1910年代
  •  言語:英語
  •  原本所蔵機関:英国公文書館

■Child Welfare and Reform: Records from the Ministry of Health and Department of Health and Social Security

(児童福祉と改革:英国健康省・健康社会保障省記録)

  •  言語:英語
  • 原本所蔵機関:英国公文書館

初等教育が義務教育化される以前、下層階級の救貧児童は教会、慈善団体、個人が提供する教育施設により教育を受けていました。19世紀に入ると、これらの施設に対する公的な助成が行なわれるようになります。公的助成を受けた19世紀イギリスの教育機関に1854年の感化院法により監獄に収容された児童の矯正を目的として設立された教育施設、感化院(Reformatory School)があります。また、1857年には救貧児童や浮浪児への教育のための勤労学校法が制定され、勤労学校(Industrial School)が設立されました。本コレクションは、各学校の認定書、関係者の書簡、報告書を収録します。

収録資料の教育施設

  • Essex Industrial School for Boys
  • Glamorganshire Reformatory School
  • Castle Howard Reformatory School for Boys
  • Northamptonshire Reformatory School
  • North Eastern Reformatory School
  • Farnworth Reformatory School
  • Princess Mary Village Homes
  • St. Joseph’s Boy’s School
  • Herts Training School

■Education in the Nineteenth Century: Records from the Department of Education and Science
(19世紀における教育:教育科学省記録)

  •  年代:1890年代~1920年代
  • 言語:英語
  •  原本所蔵機関:英国公文書館

1870年の初等教育法施行後、聾唖児童への初等教育の提供という課題が残されました。1886年に盲聾王立委員会(Royal Commission on the Blind and the Deaf)が発足、1889年の報告書における聾唖児童への義務教育の勧告を受け、1893年の聾唖初等教育法が制定され、1899年には精神障害児・てんかん児初等教育法が制定されました。本コレクションは、これらの法律制定後にイギリス各地に設立された障害児学校に対する教育委員会による視察報告書、障害児学校の各種行政規則に関する教育省の報告書など、障害児教育行政をめぐる19世紀末から1920年頃までの資料を収録します。

■Growing Up in America: Children’s Literature of Immigrant and Native Communities
(アメリカ移民・先住民社会児童書集成)

  • 年代:1816年-1900年
  •  言語:ドイツ語、英語、フランス語、ハワイ語、スペイン語、フィンランド語ほか
  •  原本所蔵機関:アメリカ稀覯書協会

アメリカ稀覯書協会が所蔵する児童書コレクションのなかから、移民としてアメリカに渡った家庭の児童向けの書籍を収録します。209点の収録書籍のうち、ドイツ語の書籍が147点、英語の書籍が26点、フランス語の書籍が23点というように、ドイツ語書籍が大多数を占めます。

■Learning and Leisure: A Selection of Children’s Literature from the British Library
(学習と余暇:ブリティッシュライブラリー所蔵児童文献精選コレクション)

  • 年代:1789年-1922年
  • 言語:英語、ロシア語、ドイツ語、フランス語
  • 原本所蔵機関:ブリティッシュライブラリー

19世紀西洋世界では読み書き能力が大きく向上しました。19世紀後半、労働時間が短縮し初等教育が義務教育化される中で、新たに余暇を手に入れた人々は貪るように新聞、雑誌、小説を読み、大衆読者層が出現します。教育に重きが置かれるようになるにつれ、貧困家庭や地方の家庭の子どもにも教育の機会が提供されるようになりました。この変動は出版業にとって恩恵となりました。本コレクションの多くは、教育目的で書かれた英語の本で構成されています。

収録文献例

  • 『若い女性の向上のための詩と散文による読本(The Female Reader: Or Miscellaneous Pieces in Prose and Verse; Selected from the Best Writers, and Disposed under Proper Heads; for the Improvement of Young Women)』(1789)
  • ヨアヒム・ハインリッヒ・カンペ(Joachim Heinrich Campe)-『児童書選集(Sämmtliche Kinder-Und Jugendschriften)』(1807)
  • ウィリアム・クラーク(William Clarke)-『ボーイズ・オウン・ブック: 少年のための趣味・運動・科学・娯楽百科(The Boy’s Own Book: A Complete Encyclopedia of All the Diversions, Athletic, Scientific, and Recreative, of Boyhood and Youth)』(1828)
  • リンドリー・マレー(Lindley Murray)-『綴り方教本:練習問題付(An English Spelling-Book with Reading Lessons Adapted to the Capacities of Children)』(1834)
  • デイヴィッド・ストウ(David Stow)-『大都市人口に相応しい幼児・青少年向け道徳教育(Moral Training, Infant and Juvenile: As Applicable to the Condition of the Population of the Large Towns)』(1834)
  • チャールズ・トレヴェリアン(Charles E. Trevelyan)-『インドの民の教育On the Education of the People of India』(1838)
  • シャーロット・アダムズ(Charlotte Adams)-『盗まれた子ども:ローラと巡回芸人とその家族の冒険』(1838)
  • ジェイムズ・シャトルワース(James Phillips Kay Shuttleworth)-『イングランドにおける教育の促進のための最近の方策(Recent Measures for the Promotion of Education in England)』(1839)
  • ウィリアム・ヒクソン(William Edward Hickson)-『オランダとドイツの学校(Dutch and German Schools: An Account of the Present State of Education in Holland, Belgium, and the German States)』(1840)
  • ウィリアム・コニーベア(William John Conybeare)-『少年を宗教と道徳の力で感化するための手段(On Some Means of Gaining Religious and Moral Influence over Boys)』(1844)
  • デイヴィッド・ストウ(David Stow)-『国民教育: 貧困層と労働者階級を道徳と知性の面で向上させることに関するイングランドの責務(National Education: The Duty of England in Regard to the Moral and Intellectual Elevation of the Poor and Working Classes』(1847)
  • 『少年のためのクリスタル・パレス読本(The Crystal Palace: A Little Book for Little Boys, for 1851)』(1851)
  • ウィリアム・ライアン(William Burke Ryan)-『幼児殺し: その法、流行、防止、歴史(Infanticide; Its Law, Prevalence, Prevention, and History)』(1862)
  • ハリー・チェスター(Harry Chester)-『労働者階級のための教育と進歩(Education and Advancement for the Working Classes)』(1863)
  • スメドレー(Menella Bute Smedley)とハート(Elizabeth Anna Hart)-『子どものための詩(Poems Written for a Child)』(1868)
  • アレクサンドル・アファナーシェフ(Aleksandr Nikolaevich Afanas’ev)-『子どものためのロシアの民話(Russian Folk Tales for Children)』(1870)
  • 『アリス、あるいはペルシアにおけるイギリス人少女の冒険(Alice, or the Adventures of an English Girl in Persia)』(1885)
  • トマス・チェイス(Thomas Chase)-『教養教育:その目的と方法(Liberal Education: Its Objects and Methods)』(1886)
  • 『家庭の教育と訓練百科事典(Encyclopedia of Family Education and Training)』
  • 『公教育の問題についての会話(Conversations about the Problems of Public Education)』(1901-1902)

■Juvenile Crime and Detention: Records from the Home Office and Prison Commission
(少年犯罪と勾留:イギリス内務省刑務所委員会の記録)

  •  年代:1871年-1873年
  • 言語:英語
  • 原本所蔵機関:英国国立公文書館

イギリス内務省刑務所委員会の刑務所記録から収監された少年について、氏名、職業、年齢、身体的特徴、罪状、刑を宣告された日と場所など写真入りで記載し一枚ものの記録シート170枚を収録します。

■Juvenile Journalists: Selected Amateur Newspapers
(児童新聞コレクション)

  • 年代:1830年-1899年
  • 言語:英語
  • 原本所蔵機関:アメリカ稀覯書協会

アメリカ稀覯書協会が所蔵する約5,500タイトルのアマチュア新聞から児童による新聞111紙を収録します。

収録紙

  • The Acorn
  • The Amateur Globe
  • The Amateur Guide
  • The Amateur Press
  • Amateur Times
  • Amateur Tribune
  • The Amateur World
  • The Arbor
  • The Argus
  • The Ark
  • The Bee
  • The Boomerang
  • The Boy’s Herald
  • The Boys’ Ensign
  • The Boys’ Folio
  • The Boys’ Gem
  • The Boys’ Herald
  • Boys’ Herald
  • The Boys’ Journal

  • The Boys’ Own Weekly
  • Excelsior
  • Boys’ South
  • Bric-A-Brac
  • The Brilliant
  • The Buckeye Boy
  • The Bumble Bee
  • The Cadets’ Trumpet
  • Canada
  • Canada First
  • The Carrier Dove
  • The Comet
  • The Cricket
  • The Detroiter
  • The Dew Drop
  • The Diamond
  • Diamond State
  • The Dynamite
  • The Egyptian Star

  • The Far West
  • The Gatling Gun
  • The Gazette
  • The Girls’ Enterprise
  • The Hornet
  • Idyllic Hours
  • The Illinois Amateur
  • The Javelin
  • The Jersey Amateur Journal
  • The Jolly Queer
  • The Junior Press
  • Juvenile Key
  • The Keystone Youth
  • Le Bijou
  • The Little Gem
  • The Little Hero
  • The Little Lunatic
  • The Little Pioneer
  • The Little Sioux

  • The Mammoth
  • The Meteor
  • The Michigan Amateur
  • The Monthly Gem
  • Moonbeams
  • North Carolina Amateur
  • The Northern Star
  • The Odd Trump
  • The Olio
  • The Oregon Boy
  • Our Boys
  • Our Enterprise
  • Our Flag
  • Our Girls
  • Our Journal
  • Our Western Youth
  • Ours
  • The Pearl
  • Penfield Extra

  • The Phœnix
  • The Phunny Phellow
  • The Pilot
  • The Punching Judy
  • Queen City Amateur
  • The Rugby Monthly
  • Scarifier
  • Schoenfeld
  • The Schoolmate
  • The Scout
  • The Snark
  • The Snow-Flake
  • The Southern Star
  • Spunk
  • The St. George Juvenile
  • The Star
  • Star of the West
  • Storms’ Spunk
  • The Terror

  • The Thistle
  • The Voice. A Quarterly
  • Magazine
  • The Wasp
  • The Waverly
  • Welcome News
  • Welcome Visitor
  • The Wolverine
  • The Wolverine Amateur
  • The Yankee Boy’s Repository
  • Young America for Boys and 
  • Girls
  • The Young American
  • The Young Critic
  • Young Nova Scotia
  • The Youngster
  • The Youth’s Herald
  • The Youth’s Pilot
  • The Youthful Enterprise

■Selected Titles from the Children’s Collection at the American Antiquarian Society
(アメリカ稀覯書協会所蔵児童書コレクション選集)

  • 年代:1820年-1940年
  • 言語:英語
  • 原本所蔵機関:アメリカ稀覯書協会

アメリカ稀覯書協会(American Antiquarian Society)が所蔵する児童書約440タイトルを収録しますが、そのうち約350タイトルは1850年から20世紀初頭にかけてマクローリン兄弟社(McLoughlin Bros., Inc.)によって刊行されたものです。マクローリンによって刊行された児童書は、とりわけ彩色図版によって知られています。

■Selections from the Baldwin Library Collection of Historical Children’s Literature
(フロリダ大学ボールドウィン図書館所蔵歴史的児童文献コレクション選集)

  • 年代:1801年-1977年
  • 言語:英語、ブルガリア語、デンマーク語ほか
  • 原本所蔵機関:フロリダ大学ボールドウィン図書館

フロリダ大学ボールドウィン図書館の世界的に著名な児童書コレクションを収録します。本コレクションは『ロビンソン・クルーソー』の異版、『ロビンソン・クルーソー』を翻案した種々のロビンソン物語、『不思議の国のアリス』や『天路歴程』など歴史的名著の異版、『セント・ニコラス・マガジン』など著名な児童向け定期刊行物など、近代以降に刊行された児童向け文献を広く収録している点が大きな特徴です。『セント・ニコラス・マガジン』は、”St. Nicholas League”という定期欄に若い読者の作品を掲載し、エドナ・ミレイ(Edna St Vincent Millay)やE. B. ホワイト(E. B. White)などの作家の若い頃の作品が掲載された雑誌としても知られています。

1719年と1678年に初版が刊行された『ロビンソン・クルーソー』と『天路歴程』をはじめ、本コレクションには17世紀、18世紀に初版が刊行され、19世紀にも広く流通していた作品が多数収録されています。17世紀、18世紀に刊行された児童書が19世紀においてどのような版で読まれ続けていたのか、本コレクションを精査することでその歴史的発展のプロセスを辿ることができます。アイザック・ウォッツ(Isaac Watts)の『児童のために平易な言葉で書かれた賛美歌』(1715)は2世紀に亘り出版が続けられ、人々に親しまれていました。アンナ・リティシア・バーボールド(Anna Laetitia Barbauld)は大きなフォントの活字と1音節と2音節の単語で書かれた本で有名です。マライア・エッジワース(Maria Edgeworth)の教育論(『実践的教育(Practical Education)』)と児童向け物語(『親の手助け』)は19世紀末にいたるまで様々な形態で再刊され続けました。”Mrs. Lovechild”や”Mrs. Teachwell”のペンネームで執筆したエレノア・フェン(Lady Ellenor Fenn)の最も有名な本、『ハエを捕るクモの巣(Cobwebs to Catch Flies)』は対話式で書かれた児童向け教育書の初期の例です。

19世紀に刊行された作品についても、詩、教科書、劇、童話、トイブック、祈禱書、小説など様々な形式のものが多数収録されています。19世紀の児童文学と言えば現代人は、とりわけこの時代に流行した冒険小説−特に少年向けの−を想起することになりますが、フレデリック・マリアット船長(Captain Frederick Marryat)、ジョージ・アルフレッド・ヘンティ(George Alfred Henty)、『サンゴ島(The Coral Island)』の作家で本コレクションにおいても30タイトル以上が収録されているロバート・マイケル・バランタイン(Robert Michael Ballantyne)のような現代でも著名な作家、ウィリアム・ヘンリー・ジャイルズ・キングストン(William Henry Giles Kingston)、トマス・メイン・リード(Thomas Mayne Reid)のような忘れられた作家、アン・ボウマン(Anne Bowman)のように男性作家の分野と見なされた冒険小説で作品を残した女性作家の作品も、本コレクションには収録されています。さらに、若きキップリングやイーディス・ネズビットに賞賛され、ガールスカウトの前身ガールガイドの年少部門に影響を与えた『ブラウニーズ』の作者、ジュリアナ・ユーイング(Juliana Horatia Ewing)、『サンビーム・シリーズ(Sunbeam Series)』の作者でヘンリー・マッカーラス夫人の名前で執筆したマチルダ・アン・マッカーネス(Matilda Anne Mackarness)、”A.L.O.E.”(「イングランドの淑女」)のペンネームで執筆したシャーロット・タッカー(Charlotte Tucker)の作品も収録されています。

しかし本コレクションの最大のコアをなすのは、19世紀のアメリカ人作家です。ボールドウィン図書館児童文献コレクションは、初期アメリカ児童文献コレクションとしては北米最大規模を誇ります。これらの児童文献の著者の多くは現在では忘れられています。”Oliver Optic”のペンネームで執筆したウィリアム・テイラー・アダムズ(William Taylor Adams)はマサチューセッツ州選出の下院議員活動のかたわら、『リバーデイル物語(Riverdale Stories)』、『海外へ羽ばたく若きアメリカ(Young America Abroad)』、『上へ、前へ(Upward and Onward)』などの人気シリーズで一世を風靡しました。ハリエット・ベイカー(Harriette Newell Woods Baker)は多作で知られ、「マデリン・レスリー夫人(Mrs. Madeline Leslie)」、「ハティー叔母さん(Aunt Hattie)」など多数のペンネームを使い世に送り出した作品は200作にも及びます。おそらく今日最も知られている作家、ジェイコブ・アボット(Jacob Abbott)はベイカーと同様多作で、そのロロ(Rollo)シリーズは空前の人気を博しました。サミュエル・グッドリッチ(Samuel Griswold Goodrich)は、教訓話で構成されたピーター・パーレイ(Peter Parley)シリーズで成功した作家として知られています。19世紀の児童文学は福音主義の基調を強く帯びていたことでも知られています。代表的な作家である『天国に向かって歩みつつ(Stepping Heavenward)』のエリザベス・プレンティス(Elizabeth Prentiss)と『心地よい道(Pleasant Pathways)』のダニエル・ワイズ(Daniel Wise)は、宗教を主題とする小説と並んで宗教の教えを説く著作を世に送り出しました。ハリエット・ビーチャー・ストウ(Harriet Beecher Stowe)、リディア・マライア・チャイルド(Lydia Maria Child)、エライザ・フォールン(Eliza Lee Cabot Follen)ら、奴隷制廃止論者の作品も多数収録されています。

小説などのフィクションがコレクションの多数を占める一方で、児童教育のために書かれた書籍も収録されています。ファヴェル・リー・モーティマー(Favell Lee Mortimer)は、『遥か彼方の国々−アジアとオーストラリア(Far Off; or, Asia and Australia Described)』のような地理の分野から『夜明けに(The Peep of Day)』のような宗教的教えや『簡単にできる読み方(Reading Without Tears)』のような教科書まで、児童の教育を目的とした書籍を多く執筆しました。ジョン・ウッド(J.G. Wood)は児童向けの博物学−特に動物の−の美しい図版本で有名です。19世紀前半の動物学者、植物学者であったサラ・リー(Sarah Bowdich Lee)は、子どもも大人も楽しめる科学読み物を出版しました。

児童文学の研究者はしばしば、活字以外に図版にも高い関心を示しますが、本コレクションが収録する文献には19世紀を代表する挿絵画家としてその名が知られた挿絵画家の図版も多数収録されています。挿絵画家への賞、コールデコット賞にその名を残すランドルフ・コールデコット(Randolph Caldecott)、アーツ・アンド・クラフツ様式の挿絵によって19世紀後半の児童書の挿絵に決定的な影響を与えたウォルター・クレイン(Walter Crane)、童話の挿絵の伝説となったグリム童話の挿絵で名高いジョージ・クルックシャンク(George Cruikshank)、18世紀の服装を身に纏う牧歌的でノスタルジーを誘う児童を描いた挿絵でウォルター・クレインやコールデコットと人気を分けたケイト・グリーナウェイ(Kate Greenaway)。彼らほど有名ではないものの、魅力的な挿絵を残した画家の作品も収録されています。ジュリアンナ・ユーイングら多くの児童書に挿絵を提供したリチャード・アンドレ(Richard André)、ジョージ・ヘンティ、アンドリュー・ラング、L.T. ミード、イーディ・ネズビットらの児童書に挿絵を提供したゴードン・フレデリック・ブラウン(Gordon Frederick Browne)、カナダの挿絵画家で、悪戯好きの妖精が登場する「ブラウニーズ(Brownies)・シリーズ」が1890年代商業的に成功を収めたパーマー・コックス(Palmer Cox)、猫など動物の挿絵が幾多の絵本や児童向け博物学の本を飾ったハリエット・ワイア(Harrison Weir)ら、です。19世紀の本の挿絵には版画家の作品も使われました。ジョージ、エドワード、ジョン、トマスのダルジェル兄弟(Dalziel brothers)やエドマンド・エヴァンス(Edmund Evans)の作品が本コレクションには多数収録されています。

詳しくはお問い合わせください>>
短縮URLを共有する:

*短縮URL[たんしゅくユーアールエル]

とは、長い文字列のURLを短くしたものである。リダイレクトを利用して本来の長いURLに接続する。 例えば、 http://ja.wikipedia.org/wiki/短縮URL のページは、Google URL Shortenerを利用した場合、 http://goo.gl/OCZXl と短縮できる。また「p.tl」ならば、さらに短縮され http://p.tl/aIAn となる。

*Wikipedia